1/2 おけあめ

おけましてあめでとうございます。雨が降ると桶屋が儲かる雰囲気を醸し出してみました。今年はいい加減釣りはそこそこにしてそこそこ釣りに行きたいと思いますのでそこそこよろしくお願いします。

それはさておき、その年の一番初めに釣りに行くことを釣り初めと言うらしく、どうやら今回はそれっぽい感じのようです。

昨今のどこに行っても釣れない状況を鑑みて、釣れずとも比較的ダメージの少ないビワマスという極めて安易で安直で消極的な選択をチョイス。前4回通ったマイポイントは終わったと判断し場所の変更をチェンジ。通称「一度下見に行った時あまりの凸凹道ぶりに車の底を擦ってマフラーが損傷しもう二度と行くものかと心に誓ったポイント」。

出艇自体は初めての場所のため暗いうちは迷子の子猫のように打ち震えながら夜明けを待ち準備開始7時半出艇。まずは手始めに出艇場所正面付近を右往左往、しかしアタリは一度のみ、針がかりせず。いつもは忌々しきウグイすらこの哀れな僕を見捨てた模様で、このポイントの目玉とも言える水中島を目指します。第二次水中島の戦い。適当にあたりをつけてウロウロしていると程なく発見、ウォーターナカジマ。周囲をウロウロしながらガーミンの魚探のなんとかかんとか機能で海?湖図を作成しつつ最浅部を見つけ何度も曳いてみますが何の反応もございません。

いい時間になったので漕ぎ戻ります。忘れもしない、いやちょっと忘れかけていて歳は取りたくないものだと思った、という嘘のエピソードを無理やり挿入する水深82m付近、不意打ちのヒット。この首振り具合は間違いなく

これで終わるかと思いきや水深78m付近でまたも不意打ちのヒット。目測50cm弱は痛恨の目前バラシ。しばし放心。

もちろんドジョウを狙いますが果たして琵琶湖にドジョウは生息しているのでしょうか。13時半納竿。