12/30 The Fugitives

釣り納めます。

当たらないかもしれない風予報による消去法で前々回ポイントに決定。今回はうえじゅんさんにともにこの予報外れの風地獄の苦しみを余すところなくご共有いただこうと思いましたが今回は外れませんでした。

午前7時出艇。なかなかの強風ですが前々回に比べればなんてことはなく釣りはできるレベル。といっても風が嫌いな僕にとっては不愉快極まりないところです。数時間後にはやみまして超釣り日和な感じになるんですけれどもね。

セカンドミッション「あらゆるホウボウ」は前回コンプリートできたので今回はファーストミッション「食べ頃真鯛」に注力。ちなみにここでいう「食べ頃真鯛」とは30から35cmのサイズのことをいうものとさせていただきます。なお、60cmの真鯛を食べ頃と称するピープルとはきっと仲良くなれない、そんな気がしています。

この日はジグにはまるで反応なく(うえじゅんさんも同様でしたので腕のせいだけではないと願いたい)、1日ほぼ鯛ラバを通しました。僕の鯛ラバは、まず

①水深でヘッドの重量を決定

水深=ヘッドの重量を基準に、この場所は40m前後なので45gを選択。その他潮流や風により重いものを使用したりします。

②ネクタイの色

オレンジかゴールドが定番で、最近は蛍光グリーンがそのローテーションに入るようになってきました。って、わざわざ数字に◯つけて書くほどのことは書けませんでした。

この日はオレンジからスタートしますが反応なくゴールド、さらには滅多に使わないレッドを試したりもしますがこれらもダメ。

ここでうえじゅんさんと合流。さすが脂の乗り切った40歳、苦味の走ったいい男、既に釣果をあげられています。ネクタイはグリーン。速攻チェンジ。すると・・・

 

151230-1

本日初アタリ及び初魚。この海域の根魚はこいつが一番多いですね。

完全に紅牙に切り替えましたがネクタイだけはこっちを使っていたりします。。

そして沈黙。そこで以前60アップの真鯛を釣ったウェイポイントをベースに流し始めると

151230-2

40。

まもなく

151230-3

43。鼻はつながってないけど色汚いし尾びれが切れているし腹を開けると脂肪がたんまり。脱走兵さんですね。

数回の鯛らしきアタリを乗せられず再度の沈黙。でも全然平気なの。快適な無風の釣りへの悦びを噛みしめつつ、よし、ちょっと流す方向を変えてみるぜ。すると・・・

151230-4

34cm。ファーストミッションコンプリート。脱走兵ですが。
151230-5

37cm。お前もかダッソウヘイタス。

その後はアタリもありませんでしたがうえじゅんさんとともに浜へ帰艇は16時半。バッカじゃないの。
151230-6

ただただやり切った感。寝食忘れてこんなに鯛ラバを巻いたのは初めてです。しかしこの脱走兵の多さはなんなんでしょう。確かに養殖イカダと思しきそれは近くに存在はしていますが。

2015年釣行はこれを持ちまして終了です。

数少ない読者の皆様、本年もありがとうございました。もう来年ですが。