7/31 月刊ビワマス通信7月号

140731-1

解禁してから月に1度欠かさず続けてきた琵琶湖通いを途絶えさせるのには忍びなく余りに余っている39日の有給休暇を おそるおそる消化する釣行。

5時半出艇。河口正面、水深50mを目指して漕ぎいだす。40m過ぎから仕掛けを投入するとポツポツ。50mラインを北に漕いでポツポツ。南に向かって漕 ぐのはそんなにポツポツ。しかし釣れるのは30センチクラスまでの微妙サイズばかりなので大物を求めてさらに沖の60mラインへ向かおうとすると漕ぐ→釣 れる→魚を処理しているうちに戻される→漕ぐの繰り返しの入れ食いポイント発見。しかしサイズ上がらず。

アタリも落ち着き60mラインに向 かうもあまりにも遠くすぐに断念、50mラインへ復帰。しかし時合は終了。しかしこの時点で10匹に到達していたので出艇場所方向になんとなく戻ろうとす ると一筋の泡が南北に走る分かりやすい潮目を発見。琵琶湖の場合も潮目というのかわからないけどその潮目をトレースして漕いでポツポツと2匹追加。その後 漕ぎ戻りつつ曳くも追加なく12時半納竿。

結果15ヒット12キャッチ7キープ。最大39cm。数は満足型は不満。

8月は隔週ビワマス通信くらいな感じになると思います。

管釣り攻略にこの1本、ナチュラルフィールドにもインドネシアバッファロー角使用、【ワイズカス…

角のスプーン。確か40mm。半分くらいはこれで。でも売り切れてます。