5/23 漕いで恵介

親父ギャグしか思いつかない僕をお許し下さい。40歳だもの。

先週あたりから僕の中の釣り優先順位の一位は淡路島になっておりますがサバの確たる情報もなく海況的にいけそうでもったいないのでカヤック。

車も髪の毛も変わっていて初め気がつかなかった新生なおさん(本日合宿2日目)に遅れること十数分、いつまでたっても準備が早くならない5時半発。なんとなくそんな予感はしていましたが潮が超早い僕の大嫌いなシチュエーション。吐き気がするぜ。時速2〜3kmで流される中

150523-1150523-2
上げで一本、下げで一本。

ところで今しがた「スキッディングメソッド」の動画を初めて見たんですが、僕がやっていることはかなり違いました。テヘ☆

アブガルシア(Abu Garcia) ソルティーステージスキッドジグ

姉妹ジグらしい。これとはどう違うのかな?

ただでさえ早い潮に同じ向きの風。時速1〜2kmで漕ぎ戻り。ヘドを出すぜ。

なおさんに謎の元気な魚のアタリ情報に自分を励まし40mちょいあたりで鯛ラバ。

にヒット。なかなか元気。鯛?スズキ?ヤツメダルマガレイ?クロシビカマス?イゴダカホデリ?オオグチイシチビキ?魚占いの行方は

150523-3

56cmオッス!オラ人身御供!

150523-4

グッドフッキング。

150523-5

無駄に元気な32cm。需要があったので今日はキープ。

150523-6

早巻き中層でヒット。なにかと思った。

風はおさまりましたが潮の流れは少し弱まった程度。GPSを見ながら効率的な漕ぎの練習。
浅場に行こう。根発見。着底後睡魔に負けて数秒放置で根掛かり。切るつもりで強引にやってたらあ、抜けた。

150523-7

きちんと口にかかってました。そうかお前がヒットして根に潜ったんやな。結果的にカモメの餌になりました。

水深30mあたりにできた遥か彼方へ伸びる潮目と大量発生した植物プランクトンにより赤く染まる海。なんかわからんけどここは鯛ラバやな。今となってはそんな水深で何を釣ろうと落としたのか分からないその鉛の塊に何かがヒット。この走り具合はマサ?いや、引かなくなったぞ。でもえらい重い。良型アコウ?ヒラメ?こいつが釣れるときはいつもこいつの存在を忘れている時。

150523-8
70cmくらい。今日はキープしてやる!と思いましたが体表のところどころが病気っぽく赤く滲んでいたので強く生きてほしいと今日もリリース。

150523-9

以上。

なおさんありがとうございました。