4/24 デビュー

今週はうえじゅんさんと2人で旧艇をお譲りしたゲッキーさんのカヤックデビューのお供兼近場を新規開拓です。

6時過ぎ出艇。危うく三度目の自作フラッグロストをすんでのところで回避しながらややお2人に遅れて沖に出てみると、これが自分の初出艇なら何かをちびったり漏らしたりすることも厭わないレベルの強風。しかし波は低く、沖に出す風、予報ではあと1時間程度で弱くなる予定、ということで艇と波の向きを一致させながら沖へ。

30数mラインより釣り開始。潮の流れは弱くパラアンカーを入れるとほどよく流されます。まずは僕の中で紅茶キノコダイエットと同じくらいブームのTGベイトグリーンゴールドのタダ巻きからスタート。早々にヒット!

160423-1

想定内。

続いてヒット!ややドラグを出すので60クラスのエソかと思いきや見えてきたのは主義として基本的に「シーバス」という言葉は使わないと決めている僕にとっては5〜60cmのハネ。スズキ類は基本的にリリース主義者の僕は雑なランディング主義者で雑にナチュラルリリース。

さて、ほぼ予報通り風はやみ、一転カヤック日和の晴れた素敵な春のある休日に沖へ漕ぎい出すグリーンとマンゴーとワサビグリーンの米国製シットオンカヤック3艇。そんな海況とは反比例して魚からの反応は激減。まあ、よくあることです。

魚を求めて繰り返す小移動。現在水深50m超。TGベイトタダ巻きで不意のヒットは60cmくらいのサゴシですが、主義として基本的にカヤックからはサゴシを狙わないと決めている僕は雑なランディング主義者で雑にナチュラルリリース。

その後も一向に増える様子のない魚からの反応と2時間の睡眠時間に起因する睡魔と闘っていると不意のヒット。比較的すんなり上がってきたと思ったら水深20m切ったあたりでドラグを出して激しく抵抗。これが奴(エソ)のいつもの手口。その手には乗らないぜ。

160423-2

良型アマダイ。四年ぶり四度目チョーウレシイの一言。

その後の僕は抜け殻のようなものです。エソを順調に追加し風が強くなってきたので昼過ぎ納竿。ゲッキーさんのデビュー戦は微妙な感じでしたがお楽しみは次回ということで。初場所については真鯛や青物の魚影は薄そうですがアマダイが釣れるなら通う価値はありそうな印象です。

今週のスキマー140インプレッション。

・慣れるに従い徐々に巡航速度があがりつつある気がする。まだ伸びしろがあるのだろうか。

・フェニックス130に比べ艇幅が広い分パドルの長さが220cmでは短いと感じるのは気のせいだろうか。

・水は結構入っている。スライドレールのところから?そういえばもともとベントホールがあったんやったっけ。

・腰というか背骨が痛い問題は

これを背中に当てる。

でなんとなく解決した気がする。