1/16 巻き蔵人

ベッキーがSMAPがロマンスがありあまり鯛ラバを巻きまくる週末。

場所は年末年始で2回釣行計ホウボウ6匹ポイント。

最近予報が外れたことがないと豪語するうえじゅんさんと一緒ならきっと安心と迎えた出艇午前7時。湾口付近まで漕ぎ出でる頃にはいつもの沖に出す風ビュオー!もううんざ〜り。風がやむまで湾内待機。はっきりしないアタリ数度。

気持ち風が弱まってきたので徐々に沖に流されていきますが30日の釣り納めに養殖真鯛にある種の満足を得ていた我々を失望のどん底に陥れた翌日大晦日のなおさん釣果(この日も同行)により今回はいつもと違うエリアを攻めていきます。既に沖に出ているうえじゅんさんから青物ゲットの連絡あり。ふと沖を見ると豆粒と見紛うカヤックらしき影。勇気を出して沖へ向かいますが途中で断念。

鯛ラバ意識高い系を目指す僕はここでもあえて鯛ラバ。意識高いというか意識遠のく系で巻き続けていると底からちょい上で意識目覚める系のひったくるアタリ。約2ヶ月半ぶりの勢いよいドラグの出しっぷりを楽しみながら

160116-1

2016年初真鯛は食味と釣り味のバランスが最高な58cm。

本日のヒットネクタイ。鯛ラバ自体はすべて紅牙に切り替えましたがネクタイは在庫があるので未だジャッカル。ギラギラしてるのがいいのでしょうか。

気がつけばやんでいた沖に出す風はやがてほどよく岸に戻す理想的な風に変わり、鯛を釣り既に抜け殻のような僕はうえじゅんさんと合流し何かを求めて漫然と巻き続ける意識高くない系の鯛ラバ。
160116-2
160116-3

眠くならない程度にアタリはありますがその他イラ、サバフグ。

漁船が猛スピードで近づいてきてやばい、当たる!と思ってよけたら手前で止まりよけるな!ちょっと来い!と怒鳴られて何を怒られるのかとおそるおそる近づいて行ったらやさしく明日は低気圧来るから午前中までにしといたほうがええで〜というありがたいようなそうでないようなアドバイスをいただきお礼を言ってふと気がつくと何かの拍子でパラアンカーが外れて海の底へ。

僕はがっちり止めたい派。いい感じに止まります。

傷ついた心で今年の課題である浅場のヒラメを狙ったりしますがかすりもせず気がつけば16時。納竿。ありがとうございました。

160116-4

最近の貧果に比べると若干のレベルアップ。

次回「巻き竹城」はいつお送りできるでしょうか。